墓じまいのやり方とは

核家族化が進む日本では、後継者がいないため墓じまいを選択する家庭も増えています。

墓じまいとは、掃除やお参りなどをしてくれる親族がいない場合、そのまま荒らしてしまうよりはお墓を処分して遺骨を適切に取り扱うために行います。


処分とは言いますが、単に墓石を廃棄すればおしまいというものでもありません。

お墓には大切な遺骨が代々埋葬されており、独断で処分することなどできないのです。

正しい墓じまいの流れとしては、まず墓じまいしたい意向を他の親族やお寺に相談することから始めます。

話題になっている産経ニュースの情報サイトはこちらです。

親族がいる場合は、処分に反対されることもあるので、その場合は誰が管理するかを含めて慎重に話し合いを進める必要があります。

また、代々お墓を供養してくれていたお寺にも、事前にきちんと話しておくのが筋というものです。もし相談せずに決めてしまった場合、お寺によっては離檀料という費用を請求されることもあります。

話がまとまったら、次に遺骨の移動先を考えましょう。
別の親族のお墓に入れてもらう他、永代供養墓に合葬してもらったり散骨するなどの方法もあります。



遺骨を移動する場合は、自治体が発行する改葬許可証必要となるので、事前に手続きを済ませておきましょう。

最後に墓石の撤去を行い、これまでお墓があった場所を整地してお寺へお返しすれば墓じまいは完了となります。

工事は墓石などを扱っている石材店に依頼すれば良いので、日程などを相談の上決めるようにしましょう。

墓じまいの情報が必要なタイミングで手に入ります。